忍者ブログ
ひばりヶ丘にある フラワーレメディ、アロマ、ハーブの専門店 Aroma&Herb  「かおりヶ丘」です。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    マイナス感情と免疫疾患★フラワーレメディ

    マイナス感情と免疫疾患★フラワーレメディ

    体と心は密接につながっているとよく言われますね。
    心のストレスやマイナスな心の状態は
    その人の体の弱い部分に不調となって現れやすいものです。

    ストレスが多い現代、知らず知らずマイナスの心を
    長く引きずりやすい環境です。
    それが引き金になる「
    病」も増えています。

    その一つ。
    「自己免疫疾患」
    という病気があります。


    アレルギー体質も、自己免疫の異常から
    起こるそうですし、難病である膠原病、ある種の関節リウマチ、
    シェーグレン症候群、橋本病、パセドウなども
    自己免疫疾患なのだそうです。

    本来は外部から進入するウィルスや有害なものを
    排除するための
    免疫機能。
    自分を守るためのものなのに、誤作動を起こして
    自分の体を攻撃してしまう。
    自らが作り出す病です。
    なんともミステリアスですよね。

    普通は、自分にとって異物なのか
    そうでないのかを
    正確に判断して、
    不要ならば体から除去していきます。

    でも、アレルギー体質で、小麦や卵、スギ花粉が
    体の中に入ったとき、攻撃対象だと判断してしまう誤作動。

    自分の中の細胞(皮膚や関節、血管など)をも
    破壊してしまうこともある病です。

    なぜそんなことが起きるのでしょうか、
    「人体の不思議」です。


    心と体は直結しています。
    自分の心が自分自身を責め、攻撃し続けると、やがて
    体も自分自身を攻撃してしまう、
    それは不思議なことですが、結果的に起きるというのです。

    ネガティブな感情になり、
    自分自身を強く責めてしまうということ。

    真面目に頑張っていても、うまくいかないのは自分のせいと
    否定したり、自己卑下して思いつめてしまったり…。
    これらのマイナス感情を長く引きずってしまうとき
    招く病です。

    前向きに自分自身を信じられる人は、
    「自己免疫疾患」にはなりにくいのだそう。


    ちなみに、胃腸の不調、病いは、
    ああでもないこうでもないと思い悩みの雲を、
    自身の中にためこんでしまうことから発症するとか…。
    責任感の強い人、内向的な人に多いのでしょう。

    心のマイナスに気づかせてくれるために

    病いは存在するのだといいます。

    ストレスや怒り、悲痛、落胆、対立、拒絶などなど
    消化できない心のマイナスは
    自分自身の体ためにも早く解消したいものです。

     

    「バッチフラワーレメディ」で、心のマイナスを
    なるべく早い時期に解消していきませんか。


    ★自分自身を責めてばかりいる方に・・・
     38種類のバッチフラワーレメディの中から、
     「パイン」や「クラブアップル」をお試しください。


    「パイン」
     

     こんな時にどうぞ。
      ・仕事や人間関係がうまくいかないと、自責の念に苛まれ
       自分が悪いからだと思い込んでしまう。
      ・自分はなんでこんなにだめな人間なんだろうと思っている。
      
    ・過去の失敗も水に流せず、自分がいけなかったと思い悩んでいる。

     ⇒より良い自分に。
         自分にかけている負荷を、取り払える。
         自分自身の良さも欠点も自然体で認め、受け入れる。


    「クラブアップル」

     こんな時にどうぞ。   
      ・自己嫌悪。
      ・自分の容姿、身体が嫌いでたまらない。
      
    ・自分自身に関する細かい部分が気になってしかたない。
      ・潔癖症

     ⇒より良い自分に。
       気にしなくてもよいことは必要以上に気にならなくなる。
       自分に優しくなれる。

    http://kaorigaoka.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=341506


    その他にも、その方に応じて対応できるフラワーレメディは
    たくさんあります。
    どうぞお気軽にご相談ください。


    *生まれつき重い病気を抱えて生まれてくる子ども達もいます。
     自分自身の心の持ち方が病を生むということには
     全く当てはまらないことです。
     これについては、またいつか
     皆さまとご一緒に考えてみましょう。

      ..................................................................................



    自分を責めてばかりのネガティブな心に
    さようならするための
    オススメアロマ精油をご紹介。


    「バニラ」

       アイスクリームのような甘い香りで
       幸せ感をもらえます。
       自分にも優しくいられるように。
       明るい気持ちを取り戻しましょう。

    http://kaorigaoka.shop-pro.jp/?pid=54737807
     
      
    $かおりヶ丘Life     
     (
    http://kaorigaoka.shop-pro.jp/




     

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [65]  [649]  [648]  [647]  [646]  [645]  [644]  [643
    フラワーレメディ、アロマ、ハーブ専門店、かおりヶ丘
    都内西武線「ひばりヶ丘駅」歩5分の所にあるお店です。
    042-439-6689

    ★店舗営業日 火木土
     時間11:00-17:30

    ★相談、教室  月水金(予約制)
      時間10:00-20:00
    ①ホリスティックケア 無料相談
      フラワーレメディ、アロマ、ハーブ等により
      西洋薬になるべく頼らない心身の健康管理を提案します。
      心のマイナスをプラスに変えて、   HAPPYな生活を目指しましょう!!

     ②アロマ初心者のミニ教室(1時間半)
      フラワーレメディ基礎教室もどうぞ


     
      お気軽にご相談下さい。
    おまちしております。

    kaorigaoka@chorus.ocn.ne.jp

     
    取扱い商品 エッセンシャルオイル(E-conception精油、TAOASIS精油) フラワーレメディ、 ハーブティー、 その他関連商品。
    プロフィール
    HN:
    アロマ姉さん
    性別:
    女性
    自己紹介:
    初めまして♪
    「かおりヶ丘」にようこそ。
    フラワーレメディやアロマ、ハーブなど、
    自然のチカラを借りて
    よりよい素敵な自分に変身しましょう^^
    ランキングに参加しています
    ポ…ポチっと...

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    人気ブログランキング
    当ブログはリンクフリーです
    当ブログはリンクフリーです。
    バナーは下のものをお使い下さい

    リンク先は「http://kaorigaoka.blog.shinobi.jp/」にお願いします。


    ブログ内検索
    バーコード
    最新コメント
    [01/18 くれまかたらな]
    [07/23 さと]
    [09/09 かおりヶ丘]
    [09/09 くれまかたらな]
    [04/13 ちよ]
    アクセス解析
    カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]